Access Counter

  • 32579総訪問者数:
  • 68432総閲覧数:
  • 7今日の訪問者数:
  • 7今日の閲覧数:
2017年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

DIYでポンプ小屋

ポンプ小屋完成
先日新しくした我家の井戸ポンプ。丸出しではあまりにもかわいそうなので小屋を作りました(^^)。

完成品です。なかなかよく出来ました

天板はヒンジを付けて、メンテが出来る様にしました
波板は某国からのミサイルに備えて”強化ポリカ”を採用

この白いポンプケースの中によく蜂が巣を作るんですよ
家賃も払わずに、しかも攻撃してくるし困ったものです

ピンコロ羽子板と支柱はこんな感じで、

M10のネジを外せば、小屋をそっくり取り外せます

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

製作編
7月20日の木曜日に石下のホームジョイで材料調達、製作に取り掛かって火木土日だけの延べ6日間。DIYなので納期もないし、失敗しながら、の~んびりと本日完成の運びとなりました。

まずは、側板を前後左右それぞれ作ります。画像は左右のみ

ビスで前後左右の側板を組み立てて行きます。

サンダーで、少し表面を綺麗にします

外面の1度目の塗装が終わりました

塗料は防腐水性ステイン「ニッペ・ウッディガードV」
“チャコールブラック”の塗色表示でしたが殆ど”ブラック”

基礎工事です。大した工事でもないので、水糸は張らずに
適当な位置にピンコロを仮置きして、後で本体と現合します

個別に水平を取りながら4個全体の水平を合わせて基礎完了
本体も軽いので、ピンコロの下へのモルタルは割愛しました

周りが完全密閉だと夏の時期にはポンプが熱中症になってしまうので、側面は10㎜の隙間を空けて貫板を付けました。真横からの雨は防げないものの、換気しながら大抵の雨ならしっかりポンプを守ってくれます。ついでにポンプ交換時の手抜き工事もきちんと直して、楽しい楽しいDIYの日々でした。

井戸ポンプ交換

日立 CT-P250W
約40年近く使っていた我家の井戸ポンプ。水圧、吐水量共に低下して芝生の水撒きにひどく時間がかかるので交換しました。でも40年近く良く持ったものです(^^)。

水没にも負けず頑張った、ナショナル井戸ポンプ PG-208FG

「よっこらしょっと」、古い井戸ポンプを外します

「よっこらしょっと」、ジェットの配管を引き上げます

自然水位は9.4mなのに、結構深くまで入っている様です

ジェットまでの配管の長さは20mありました

外した井戸ポンプと吸い上げ用の配管

新しく交換するインバータ式ポンプ日立CT-P250W

重ブロックとコンクリート平板の上に設置

吸い上げ用の配管を加工、既存に合わせて20mにしました

ジェット部の1本目を挿入します

塩ビ接着剤で配管を繋ぎ合わせ深さ20mまで挿入します

配管内にジョーロで呼び水を入れます

ポンプ内にも呼び水を入れます

試運転も無事終わり、後は断熱材と化粧テープ巻きで終了

完成しました。後でポンプ小屋を作ろう

今までのポンプはON.OFF式の200Wタイプ。今回交換したポンプは250Wのインバータ式モーターです。早速水まきしましたが「ウィーン~」なんていう軽快な音と共にモーターが回転します。水圧、吐水量も十分で、これなら芝生の水やりもストレスなく出来そうです。ポンプ交換だけなら自分でも出来ますが、深井戸用の配管交換はちょっと大変なので、近所を工事した業者さんにお願いしました。が、ポンプの水平は取らないわ、アース棒を付けずに線だけ土中にほうり込むわで、なんとまあ….(^^)。