Access Counter

  • 31187総訪問者数:
  • 66511総閲覧数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 0今日の閲覧数:
2013年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

やけど

溶けたビニールが…
今日は会社の焼却炉でやけどをしてしまいました。

燃えていない紙を指で移動していたら、ビニール袋の溶けた液体が右手親指の内側に付着してしまいました。
「およよ、あっちち」
すぐ近くに水道があったので、急いで冷やしましたが、皮が剥けてしまいました。

とりあえずバンドエイドで保護して、ネットで”やけどの処置”を調べてみると自然治癒力を利用した”湿潤療法”等というものがクローズアップされていました。

1. 患部を綺麗にし、ラップを患部を覆うだけの大きさに切る
2. ラップで患部を覆い、ずれないようにテープで止める
  (白色ワセリンを患部に塗った上にラップするとよい)
3. 軟膏塗布や消毒はしない
4. 軽く包帯をする

さっそく会社の厨房でラップを切り、患部に処置しました。

まっ、傷口を保護して、ほっときゃ自然に直るということですか….。

しかし”坐骨神経痛”は痛いは、”やけど”はするは、踏んだり蹴ったりの今日この頃です…。

湿潤療法